はじめての方も

お気軽にご相談ください。

画像の説明

デートDV被害相談窓口にアクセス頂きましてありがとうございます。
男女トラブル男女間の金銭トラブルは、互いの「感情」が交錯し、互いの「要求」を言い合うだけで、当事者間の話し合いでは解決しない場合がほとんどです。
交渉のプロである弁護士が対応した場合、法律的根拠に基づいた交渉を行うことで、納得のいく解決が期待できます。
男女問題相談窓口では、男女トラブル・浮気不倫問題・男女間の金銭トラブルを専門とすることにより、その経験から得たノウハウを最大限に生かし、最適な戦略をご提案いたします。

デートDV被害とは

交際相手からの暴力は「デートDV」と呼ばれ、暴力だけではなく、束縛や嫌がらせなどの多岐にわたります。
被害者は精神的に追い詰められ、「(相手が)こうなってしまうのは私がいけない」と自分を責めてしまうことも多く被害が表面化しにくい側面を持っています。
徐々にエスカレートし、重大な事件に発展してしまうケースも多く報告されていますので、早期の相談が必要です。

内閣府の調査によりますと、交際相手からデートDV被害を受けた経験がある女性は、21.4%と、およそ5人に1人に上るという報告があります。
20代に限定すると、36%に達し、深刻度合いが増しています。
しかしながら、周囲に相談したという人は、55.9%です。

身体的な暴力

  • 殴る蹴る
  • 物を投げる
  • 刃物なとを突きつける

精神的な暴力

  • 大声で怒鳴ったり罵ったりする
  • 交友関係や行動、メールやLINEなどを監視制限する
  • 意図的に無視する

性的暴力

  • 性行為を強要
  • 避妊しない
  • 見たくもない性的な動画を見せる
  • 中絶を強要
  • 嫌がっているにもかかわらず裸などを撮影する

経済的な暴力

  • デート費用や生活費を払わない
  • お金を借りて返さない
  • 貯金を勝手に使う
  • 外で働かせない
  • 仕事を辞めさせる

(内閣府資料)


具体的なデートDVの例

  • 居場所を逐一報告させられ、怠るとひっきりなしに連絡やメール、LINEがくる
  • バイトを辞めさせられた
  • 「別れたら死ぬ」と言われた

デートDVは暴力だけでなく精神的な嫌がらせや過度の束縛や監視も含まれますが、徐々にエスカレートしていくため、加害者、被害者ともに、DVであるという認識を持ちにくい部分があります。

さらに被害者は「(俺が)こうなるのはお前が悪い」などと言われ、自分が悪いのだから仕方がないと思わせ、暴力であると気付きにくく、表面化しない側面もあります。

お電話またはメールにて

お気軽にご相談ください

デートDV被害相談窓口 恋人間の暴力 恋愛暴力 DV被害 嫌がらせ被害 リベンジポルノ つきまとい 被害 パワハラ 男女間の金銭トラブル 金銭トラブル 離婚問題 デートDV被害相談窓口 デートDV被害相談窓口 男女トラブル 男女間の金銭トラブル 金銭トラブル ストーカー被害 デートDV被害 つきまとい 嫌がらせ行為 男女トラブル 男女問題 男女間の金銭トラブル 金銭トラブル 離婚問題 デートDV被害相談窓口 デートDV被害相談窓口 男女トラブル 男女間の金銭トラブル 金銭トラブル ストーカー被害 デートDV被害 つきまとい 嫌がらせ行為 男女トラブル 男女問題 男女間の金銭トラブル 金銭トラブル 離婚問題 デートDV被害相談窓口 デートDV被害相談窓口 男女トラブル 男女間の金銭トラブル 金銭トラブル ストーカー被害 デートDV被害 つきまとい 嫌がらせ行為 男女トラブル 男女問題

お電話でのご相談

電話対応時間:年中無休・24時間対応

電話はこちらへ


メールでのご相談

受付時間:年中無休・日本全国24時間対応